初めてバイクを売るあなたをサポート!

いらないバイクなんて、売ってしまえ!!

バイク買取

バイク

憧れのバイク、いざ乗ってみて風を切る感じがたまらなくていつでも出かけるときにはマイバイクでツーリング、なんて日々を送っているあなた、そろそろいい感じにバイクを買い換えたいと思っていませんか?当然ですが、バイクも自動車同様に乗り回していると、やがてはエンジン部を含んだ全体的にボロボロになってくるものです。新しいモデルが年々発売されていく中で、購買意欲をそそられるようなものが沢山ありますよね。旧式モデルが人気もありますが、さすがに大型でもなければ普通の原付では古くなったら新しいのに買い替えている人もいるでしょう。しかしいざ、新しいの買ったはいいけど、まだ乗れるから売るのはもったいない、なんて人いませんか?

使わないんでしたら、売った方がいいではありませんか!? 高く買い取ってくれるところなんてあるわけない、そんなことを思っている人は、売るための努力をしていないんです。そこで、そんな中古バイクを高く買い取ってもらうための手順と、中古バイクの買取について説明して行きたいと思います。

買取の時には知識が必要

買取といっても、古物売買を経験している人は多いと思います。バイクのみならず、古くなった家電製品やゲームソフトなどなど、手持ち金が少なくなってしまったから生活資金を作らなくてはいけない、なんて人もいるでよす。これを書いている私もその一人ですが、それは置いておきましょう。買取をしている人なら数をこなすことで分かってくると思いますが、実は買取をしてもらうと思ったよりも査定が安かった、というような経験ないでしょうか?むしろ査定に出して、買取に出したことで何でこんな値段で承諾してしまったんだろうという、後悔してしまったこと身に覚えがありませんか?

しかしそれはどの買取にも共通していること、買取る側としては品物を安く仕入れて、高く売りさばくなんていうのは当然のことなんです。例えば買取が5,000円だった場合、大体は倍の10.000円(商品状態にもよる)くらいですが、中には買取値の4倍を越すくらいの値段をつけて販売しているなんて、珍しいことではないんです。もちろんそんなプレミア価格に関しては、入手困難な稀少品であることを前提にしたり、発売してからも人気の高い定番商品、というものが中心となっています。それでも、商品の保全状態などによっては買取が高くなる場合もありますが、業者側としてはなんとしても安く買いたいがために商品の欠点を細かに挙げてきます。そして押し切れるような相手であれば、交渉術を用いてこちらの意見を断固認めないという姿勢を見せたら、逆転は難しいでしょう。よほどの強固な精神を持っている人でなければ、中々状況を自分たちに有利なように運ぶのは難しいと思います。ちなみに、どんな人が買取の際に押し切られやすい人と見られるのか、特徴としては3つあります。

  • 商品メンテナンスを怠っている人
  • 相場価格について無知
  • こちらの意見に対して押し切れそうにない

というように見られたら、業者としては王手をかけたという風に捉えてしまいます。こうなってしまうと、業者としてはドンドン強気な姿勢でこちらの言葉など全て無視するように、契約書に判子を押させようとしてきます。押し切られて判子を押してしまえば、もう負けてしまったといっていいでしょう。

断るのも高額買取への道

だからといって自分が今まで愛用してきたものだからこそ、せっかくだから高く買取ってもらいたいというのが本音です。そもそも買取ってもらうのですから、高いほうがいいに決まっています。明らかに安すぎるだろうという買取値を提供されたら、逆に苛立ちさえも感じます。

個人的な話をすると、バイクではないのですがとあるゲームソフトを買取に出そうと持っていきました。その頃はまだ買取について詳しい知識を持っていなかったこともあって、そこでの買取金額が相場という固定観念が生まれていましたが、それが間違いだったということに気づく。別の店で買取一覧表が置かれていたので見ると、売った商品の値段が全く違っていることに衝撃を受けました。こんなにまで違うものなのかということに気づいたので、実は自分がたかられているだけなのではないだろうかと言うことに気づくことが出来た私は、試しにまたその問題の店に行きました。

もちろん事前に他の店での買取金額を情報として入手していたのですが、あえてそこで査定してもらいました。そこではじき出された値段が、なんと1/20にまで削られた買取金で引き取ると明示されました。それを見た瞬間、即答で買取は待ってくださいとの意志を述べました。とはいいますが、その時点で商品に付箋を張って引き取り気満々の業者に対しても少し不満を感じていたのですが、値段的にありえないくらいの安値で買取られていたことに憤慨しました。それ以来、買取に関しては事前に調べるようにしました。

現在では、ネットを経由しての買取査定や、同業他社での買取比較をしているサイトも沢山あるので、そこで事前に調べてから自分の買取してもらいたい商品の相場を調べるようにしています。

何が言いたいのかというと、査定を出した一箇所のみで買取金額の相場、という認識は捨てたほうがいいということです。店舗によっては同じ商品でも全く異なった買取金額を明示しているところもあるので、買取をする場合には査定されても断って、他の店と比較してから買取ってもらうのが上手な交渉のやり方になります。そこまでの違いは無いだろうと考えている人もいるかもしれませんが、同じ買取業者だからといって、求めている商品ニーズのそうも同じということはないのです。一見見抜くのは難しそうですが、商品の一覧などを除いて、どんな人に対しての商品を売り出しているのかというのは個性が出るものです。そんな買取の特色を見抜いて、ニーズに合わせたバイクを売るのも大事なコツになるので、これに関してはじっくりと調べてから考えてみるのがいいでしょう。

詐欺にはご注意を

こちらも誰もが経験していると思いますが、買取の際には詐欺行為には気をつけなければいけません。ここで言う詐欺というのは普通の買取業務を公言して行なっている企業のこともそうですが、主に自宅に訪問して不用品を買取りますといった営業についてです。

まずはっきり言うと、この手はほとんどが詐欺と考えていいでしょう。まず自宅に買取についての営業が来るだけで詐欺としか思えません。何を隠そう、私の自宅にも一度こうした不用品を買取りますという営業が来ました。この手の輩で特徴的なのは、何が何でも逃がさないというような態度です。こちらが断っても話だけでも、と食い下がって逃がさないといったように網を張って引きとめようとします。ここで断固とした態度で断ることをしなければ、後々とんでもないトラブルに巻き込まれることは必須です。中には買取っていったくせに買取するのは不可能なくらい劣化しているので、廃棄処理した際の費用を負担してください、といったこともあるそうです。

その時の私は、もうきな臭さが体臭のようににじみ出ている胡散臭い人柄に対して嫌悪感むき出しで、強気の口調で扉を閉めて追い返しました。その直後、こちらの態度に業を煮やしたのか業者が怒り狂って叫んでいるのを聞いたのでベランダから覗いてみると、こちらに気づいた相手はヤンキー気質むき出しでこちらに対して挑発していました。興味がなかったのですぐさま引っ込みましたが、この時点で人を騙すにしては本性現すの早すぎるだろう、という憐れみを感じてました。

訪問販売系は大概が詐欺だと思っていいですが、きちんとした企業においても売ろうとしているこちらの足元をすくっていることがあります。事前にこれくらいの金額で提示していたにも関わらず、いきなり価格が下がっているということもあります。確かに中古相場にしても変動という流れは存在しますが、知識や経験がある人の場合はそうした流れも汲んで売りに出そうとしているのですから、金額については事前に協議しているはずなので、いきなりの金額低下に納得できる人なんていないでしょう。それを見越しているにも関わらずに業者としては買取はなるべく安くする、という精神をむき出しにしているのでこの辺は駆け引きが重要になってくる。もはやただ買取してもらうための行為ではなく、どちらの意志が優先されるのかというのを競い合う交渉、と言える。もちろん交渉するにしても、知識は必要になってきますので無知で業者を押し切ろうなんて人はよほどの気迫を持っている人でなければ不可能なので、交渉するに際しても勉強は大事です。

バイクにおいても、事前に何社に査定してもらって納得した上で買取に同意する直前で、金額でも揉めることは良くある話です。中には見積書を出さない企業もあるそうですが、売買契約しているんですから、見積書を出すのは当然の義務だと思うんですけど、それが普通と言う風に認識していない会社には売るのは躊躇います。詐欺、とまでは行かなくても自分が足元を見られていると感じながら、高額な商品の買取に関しては十分注意が必要です。

出張買取を有効に使う

バイクの場合、どうしても店舗に持っていくのが不便だと言う人も多いでしょう。その場合には出張買取サービスを利用して、有利に事を運ぶのもいいかもしれません。なぜかと言うと、当然ながら自宅まで店舗の人間が足を運ばなければなりません。バイクのような精密機械においては、実際に商品の状態をその目で確認しておかないと、買取った後に商品に不備があっては業者が詐欺に合うことも考えられます。そのためどうしてもバイクの買取出張の際には人件費・ガソリン代などが掛かってしまいます。仮に出向いたにも関わらず、顧客が納得いかなかった場合には手ぶらに帰らなければなりません。この時に出向いた人をねぎらうと言ったことはもたないようにしたほうがいいでしょう。売る側としては高く売りたいと思うのは当然なのですから、買取してもらう相手に対して同情を感じる必要は個人的にはないと考えています。結局のところは、商売上の繋がりでしかないので、出張したからには買取って帰りたいという思いも強いので交渉時には強気で来るでしょう。もちろんこの時も自分も一歩も譲らないという姿勢を崩さないと見せるのが肝心です。

バイクなどを売りたい際には出張買取も検討しておけば、自分が納得できる金額で買取が成立することも十分にありますので、根気な努力が必要となってきますので頑張りましょう。

新しいバイクが欲しい方必見

バイク処分するなら